スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    抜歯窩治癒不全

    2008(8月)~20011(8月)までの記事 comments(1) trackbacks(0) そうる
     季節の変わり目は やはり・・・ 嫌ですね^^;

    以前も書きましたが^^;b

    体調を崩しやすいし^^; 免疫機能も下がりがち^^;

    ということは・・・

    傷も治りにくい・・・ということです^^;b


    炎症を起こしたり、化膿した歯の抜歯後・・・

    いい状態、いい状況であれば しっかり体が治してくれるものが・・・^^;


    ぐちゅぐちゅしたり びちょびちょした状態を呈します^^;b


    抜歯した後にできる穴を 抜歯窩 といいます^^b

    そこが 上記のような状態で^^;治りずらい状態・・・ 抜歯窩治癒不全(ばっしかちゆふぜん) といいます^^b


    こういう状態を起こすのは

    上記のような 炎症が強い場合 や 化膿が強い場合

    歯が ぼろぼろだったり 根尖病巣が大きかったり・・・


    そういう場合は 普通より 念入りに 抜歯窩内を綺麗に 掻爬(そうは)したり 洗浄したりします^^b


    が・・・

    今時期は 傷が治りずらく^^;・・・ すきっとした治り方をしてくれません^^;


    抜歯窩治癒不全の状態と判断した場合^^b

    再 掻爬 します^^;b

    このときも 念入りに行います^^b 

    それで 大体は 治癒(いい状態になる)にいたるのですが^^


    患者さんにとっては・・・ 抜歯した後の 化膿や 痛みは つらいものがありますよね^^;


    抜歯後の痛みや 化膿は 時と場合、その人の体調や体質にもよりますので^^;

    痛くなった・・・から あそこは ヤブだ!><

    は、早合点かもしれませんね^^;
    (某サイトで よく見かける投稿内容ですが^^;)



    痛みや 化膿が起こった後、 あ〜〜そんなもんですよ^^bとか、 ほっといたら治ります^^bではなく、

    患者さんの気持ちを理解し、今どんな状態にあるのか?また どうしてそうゆう状態になったのか?

    を、説明してあげてください^^b

    また その後の処置や 予後に注意し アドバイスしてあげて欲しいと思います^^b


    ちょっとしたことだとおもいますし^^

    ちょっとした思いやり・・・だと^^


    かくいう私も・・・^^; 気をつけねばいけませんね^^;b


    初心 忘れるべからず^^bです。
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM