樋状根(といじょうこん)

2008(8月)~20011(8月)までの記事 comments(2) trackbacks(0) そうる
 樋状根(といじょうこん)

と、いうものがあります^^b

下の歯 第二大臼歯(14歳臼歯) 七番目の歯 に多くみられます^^b


コレの厄介なのは、根の治療時です。


神経の穴を上からみると・・・ とい のような形をしていて 根の先端の穴(根尖口)が どこに開いているのかが見つけずらい・・・ところです^^;

また、神経の穴が ひらべったく 器具の操作がしにくいのです^^;


北海道では、雨どい・・・ というものがないので ピン!とこないかもしれませんね^^;

本州などでは、雨を屋根からそのまま 滴らすのではなく 屋根の端に雨どいをつけて 一箇所に雨を集めて 下に流す仕組みをとっています^^b


このような 根っこの場合、慎重に操作をしなければいけないのと しっかりと詰め物をするよう心がけます^^

乱雑な操作をすると・・・ 根に穴を開ける可能性もあります^^;

また、しっかり詰め物をしないと・・・ 予後が悪いです^^;


なぜ、このような根っこが存在するのか?^^b

人間の進化の過程(動物の進化)で、必要性のなくなってきているものは、退化する傾向にあります。

もともと 大臼歯は、三本の根っこ が多いのですが、

その三本の根っこが くっついたような形になる場合があります^^;

根っこの中の神経も、三つがくっついて ひとつになったような形になります。

それが 樋状根 ということです^^b

力がかかる所では、大臼歯の三本の根っこが必要なのですが、前歯などは、一本の根っこがほとんどです^^b

一本の根っこは 垂直の力には強いのですが、 横からかかる力には 弱い^^;

三本根っこがあれば 縦 横 両方の力に耐えられます^^v
特に 臼歯は その名のように 臼(うす)の役割をしています。

モノをすり潰す為の歯です。 だから根っこが三本あり 骨にしっかりうわっているのです^^b


樋状根においては、一本の根っこのような構造になっているため、根性のない歯・・・ということになりますね^^;



 
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM