スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    咬合性外傷? 外傷性咬合?

    2008(8月)~20011(8月)までの記事 comments(2) trackbacks(0) そうる
    咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)

    咬合(かみあわせ)が原因で できた外傷。


    外傷性咬合(がいしょうせいこうごう)

    外傷をつくるような 咬合(かみあわせ)。


    簡単に言うと こんな感じです^^


    共通項は かみ合わせ です^^b

    症状としては・・・

    噛むと痛い。噛みしめると痛い。歯が揺れる。 など^^

    歯は、まっすぐにかかる力(垂直)には 比較的強い のですが、横方向(水平)の力には 弱い。


    横方向に 顎を動かした時に ひっかかる感じがある・・・ これを 咬合干渉 または、咬頭干渉 といいます。

    これがあると、歯に横の力がかかります。(ムリな力)

    常に この力がかかっていると・・・骨が 減って(吸収)しまいます^^;

    特に 歯槽膿漏(歯周炎)をもっている人の場合、この力の影響が強く出ます。
    (骨の吸収速度が速くなる。)

    骨が吸収すると・・・(歯を支えているのは・・・骨)・・・歯は 揺れてきてしまいます^^;

    歯が常に 揺れていると・・・汚れがはぐきの下のほうまで 入る込みやすくなります^^;

    余計に 骨の吸収は 早くなります・・・。


    結果的に 歯を支えている骨が なくなってしまう・・・骨は 元に戻りにくい・・・ 抜歯?^^;


    咬合は バランス が大切です^^b

    咬合のバランスを保つには・・・歯並び が大切です^^b





     
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM